◆東京寺泊会だより ◆編集責任者・・・・橋本寛二

経営に使うISO戦略が日本のふるさと会創生に有効的であることが認識され出し、リテラシーある企業退職者が動く。余裕あるボランティア族の先陣を寺泊会にいる輩が実証。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 寺泊会が大越さんを抜いた時 | main | 生きた夕陽を観ませんか >>

AKB48・ネーミングの天才か・うしろ髪ひかれ隊なんて・・・



 ニュースウォッチ9の話ですが
もう一度楽しみ隊・誕生
 チェックし隊ニュース再現します

世の中のすべては、命名してから始まるものである。赤ちゃんだったら、出生を知ったときから、名前をいただき、長い人生が出発する。新潟県人会登録の団体会員も、オーソドックスであるが、 東京〇〇会だの、弥彦〇〇会、〇〇同窓会だのと、聞いてイメージ湧くネーミングで登録し、決して「ふるさと愛し隊」などとは呼ばない。
一方ニュースウォッチ9にするか、9時のニュースショウにするかは、命名者さんの全くの自由である。日曜朝なら「題名のない音楽会」でイメージが湧くし、聴きたい気にもなったりする。更に、「〇〇討論会」では、見る気も無かったりもする。

さて大越さんの、一度放送された番組のエキスを3日あとにも、流してくれる「
もう一度楽しみ隊」のようなもに、ピッタリのサイトがあった。動画配信であるが、説明は100%アナウンサーの話す口調が文字になっている特徴がある。正に時間のある寺泊会の暇人に最適である。AKB48も渡り廊下走り隊も、ひとりの発想が、その後の大成功に結びついかが、もう一度楽しみ隊も定着すると嬉しい。

残念ながら当選メンバーに越後出身がいなかったので、寺泊会だよりには持ってこれないが、それでも、あるきっかけで「記事こじつけ隊」として創ることは可能である。

寺泊出身ののキャスターは、番組プロデューサ―達と6日のお昼前に行う編成ミーティングで、AKB48イベント当日、ニュースオーダーを話し合っていた。「どのニュースをトップに持ってくるか」。内心で国民的行事に育ちつつある総選挙結果にしたいなあ、とも思っていたが・・・果たして。

当日のN・W9でのスタート時、「世情を鑑みて、先ずこのニュースをお伝えすることも、意味が有るのではと考えまして・・・」とトップ扱いにされたらしい。  (
10日・TBS系放映の「アッコにおまかせ」より)。とのことで寺泊出身のキャスターさんとAKB48のニュースが結びついた。こんな平和な再現シーンを知りたくなるから「もう一度楽しみ隊」のようなページが大変役に立つというものである。寺泊会の役員会で、AKB48に関心があるふりをして、11位につけたチームKにいる、宮澤佐江をこれから上位狙いより、女優に育てたいねと話題を振ってみたら、あんたは、70も近いんだから、ネタ探しに無理するな、と言われてしまったが、AKB総選挙の総合司会をした、徳光さんだって71だそうだ。かくいう東京寺泊会の、男性役員の平均年齢は69.8である。会員の平均年齢は、76となっているので51のキャスターさんより齢だけは超えている。(写真提供=NHK/ニュースウォッチ9編集部)


- | permalink | comments(0) | - | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする