◆東京寺泊会だより ◆編集責任者・・・・橋本寛二

経営に使うISO戦略が日本のふるさと会創生に有効的であることが認識され出し、リテラシーある企業退職者が動く。余裕あるボランティア族の先陣を寺泊会にいる輩が実証。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ◇ 浅草の殿の歩んだ人生94年 | main | AKB48・ネーミングの天才か・うしろ髪ひかれ隊なんて・・・ >>

寺泊会が大越さんを抜いた時

 
2012年6月の検索
寺泊会へのアクセスが
トップになった何故・

東京寺泊会だよりは地元より、県外在住している、閲覧者が実は多くおられる。地元即ち越後・寺泊町では、初めて見たという読者さんが今でもいる。ネットの普及が低いのかと思うと、50代以上でも、結構家にはPCの一台くらいは置いてあるというから、面白い。
さて、寺泊会だよりは2010年1月に誕生して以来、2年と137日が経過した。東京新潟県人会の3階にある役員室のPCには、どなたがいじったか、お気に入りとしてデスクトップに入っていた。
きわめて個人ニュース的な寺泊会だよりが、連日読まれているのは、寺泊出身の全国区の有名人、NHKのキャスターさんのお陰が、大きく貢献していたことには間違いない。天下の大越様ありきで、ここから入って寺泊会にたどり着いていて、ここから5万・7万、現在は8万と、検索数が伸びていたのである。

コンピュータとはお利口さんのマシーンで、読者さんがどの言葉から寺泊会へたどりついたかを、アクセスログで記録に残してくれる。最近までは、大越さんファミリーやNC9関連が圧倒しており、寺泊会だよりは、おこぼれでしかなかった、と思っていた。

所がこのアクセスログの上位ランキングを見て驚いた。こんなに寺泊会に興味があるとは。世の中、創る側も読む側も、暇なひとが多いのは、こんな所からも実証できる。

2012年6月になると、第一位に東京寺泊会から検索しているから、読者さんとは恐ろしやである。
永年お世話になっていた師匠さんから、漸くひとりだちした気分である。最近はNHK関連の記事が少なく、早く更新して、最新版にせよとの声も確かにあるが、3.11以降は明るい話題がない以上、毎日ダジャレ攻めのやり取りに終始していなく、時代の流れか。プロ野球が、歴史に残るような、いい試合でもしない限り、例のシャレになるつぶやきは、発してこない。

東京寺泊会だよりのおもな検索エンジンはディレクトリー型が「yahoo Japan]一方全文検索方式は[google][excite][goo]などである。夜中、早朝、昼どき、午後9時ころが最も閲覧しているようだ。寺泊会だよりの読者さんを大切にしなければと、ステージに立っている芸人の気分にも似て、ありがたく、心休まらないが、毎日がキャスターの観察眼で、婚活・就活・出世活・読者のひまつぶし活並の努力で、話題収集活動というより、話題こじつけ活動に明け暮れなかったら、これを維持することはできない。
- | permalink | comments(0) | - | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする