◆東京寺泊会だより ◆編集責任者・・・・橋本寛二

経営に使うISO戦略が日本のふるさと会創生に有効的であることが認識され出し、リテラシーある企業退職者が動く。余裕あるボランティア族の先陣を寺泊会にいる輩が実証。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生きた夕陽を観ませんか | main | 第58回寺泊会大会詳細日程決まる参加者募集中 >>

越後の画家・藤井克之・斎藤順生・橋本直人さんを御紹介

 
 
 藤井克之墨彩画展開催のご案内

寺泊町はその昔三島郡(サントウグン)にあった。三島郡寺泊は今や、長岡市の一部の寺泊、と変わり、サントウグンで頑張っているのは、聖僧・良寛、生誕の地、出雲崎くらいのものである。寺泊町とは、海続きのお隣さんである。

西蒲原郡(ニシカンバラグン)、巻町も同じである。今は県都・新潟市の一部になってしまったが、かつては、西蒲原郡の中の町であった。ニシカンバラグンで頑張っているのは、神社・競輪・温泉街、と豊富なレシピを持つ弥彦村(ヤヒコムラ)だけになった。寺泊町と合併すると噂していたのは、もう大分前の物語になった。若作りの村長は、東京弥彦村人会(会長・掘 優)に毎年元気な顔を見せてくれる。

郷里・西蒲原をこよなく愛す、新潟市巻在住の藤井克之氏から企画展開催の案内が届いた。東京・青山にある新潟のアンテナショップ新潟館ネスパスで、2012年3月23日(金)から26日(月)までの期間で開催する。高校の一教師だった当時、教え子の実家が、和紙の生産者だった事が縁で、ここまで著名な画家になったのである。
インタビューしたのは、かなり前だが、映画で俳優が、鋭い眼で事件の本質を追う刑事のように、強靭で精悍なお顔のようだが、氏の墨採画を見るたびに、画材が和紙のせいか、心が安らぐ。
西蒲原のハザ木は、南国人にとって、浜辺のヤシの樹的存在であるし、江戸ッ子にとっては、大川端のほとりに揺らぐ、柳のようでもある。藤井克之は、墨でしか用途のなかった、和紙に色を乗せ、墨採画(ボクサイガ)なる言葉を生んだ人物である。片岡鶴太郎とも、所謂、同業の縁で親交が有る。実は、聖地エルサレムにある神殿遺構「嘆きの壁」を、墨彩で制作した熱心なクリスチャンでもある。HP上では自らを聖書画家と紹介しておられる。



同じハザ木の絵でも、制作者の意図と優しさにより、表現する作品モチーフを異にする。
蒲原のハザ木に思いを馳せる著名な越後の画家は、他にもおられる。吉田市在住の画家・斎藤順生である。
ハザ木で童話を創り、絵本にした。老木は切られ、やがて燃やされる。見事なまでのハザ木に愛着を示し、創作し、絵に残したのである。

東京新潟県人会には、首都圏えちご蒲原会(会長・池田孝一郎)があるくらい、旧・西蒲原地方出身者も多く、秋にはバスを仕立てて、「蒲原の稲刈り―ツアー」を企画しているが、募集すると即満員になってしまう。
同じ越後人でも内陸部出身者は、稲刈りが好きなようである。同じ話を、海岸側に子供の頃、過ごした寺泊会の会員に投げかけても、誰一人と賛同する者はいない。おら、稲刈りなんかより、海上花火大会ツアーの方がいい・・。と、乗ってこない。

一方で寺泊在住の画家橋本直行は、寺泊人だけに、土壌の匂いより、汐風の匂い、特に沖縄・八重山をこよなく愛し、描き、これを業としている。銀座の個展では、大作(200万)の絵から順に、売約済のラベルが貼られ、嫁入り先が決まって行く。個展の招待状をもらい、いざ出かけ、観賞し興奮しても、これを即、買えない無念さ。もっとも、あいにく、小宅では、かくも、でかい絵を飾るスペースは無いが。

橋本直行氏の描いたハザ木(上)

銀座の個展で人気を博した、八重山の原風景。
   (掲載した絵の一部はいずれも、各氏のHPより
、ご3人には取材協力して頂きありがとうございました

- | permalink | comments(0) | - | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする