◆東京寺泊会だより ◆編集責任者・・・・橋本寛二

経営に使うISO戦略が日本のふるさと会創生に有効的であることが認識され出し、リテラシーある企業退職者が動く。余裕あるボランティア族の先陣を寺泊会にいる輩が実証。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アルビレックス新潟に気をもんでいた大越さん・・サッカーJ1リーグの話ですが | main | 100周年記念誌刊行 >>

寺泊会記念講演

 

 

 

 

 

東京寺泊会創立60周年記念大会のご案内
2015年4月15日(水曜日)午前11時30分〜
参加費:10000円
会場 : 芝パークホテル(港区芝公園)


60周年記念行事詳細

 : 記念講演会 角上魚類 鵬執聖絢卍
    (辣腕経営者のコンピテンス源泉はどこ)
 



■ 参加特別記念品と大抽選会案内


創立60周年記念大会として、参加記念のお土産には、全員に角上謹製「海鮮ギフト詰め合わせセット」の他、寺泊観光協会が推奨する、特選・銘酒や、寺泊の旅館ホテル宿泊クーポン券が当たる大抽選会を企画中。(座席で抽選方式)

人気テレビ番組、カンブリア宮殿で、柳下社長の人柄と、角上マネジメントが紹介されるや,当誌・寺泊会だよりへのアクセスが沸騰。日本全国で、柳下社長さんのお名前と寺泊で、検索されているらしい。

12月31日朝も、角上さんは、「頑張った日本列島の会社大賞(フジテレビ系)」にも登場。長い間、低迷する日本企業、ビジネスの中で、寺泊の鮮魚会社がいかに頑張ったかを、見事に証明してくれた。
 

寺泊へ来たら誰でも必ず立ち寄る場所は、観光コースでおなじみの「魚市場街」である。
第53回に続いて60周年大会でも、東京寺泊会は、アンコールの多い「角上」さんこと
角上魚類株式会社・鵬執聖絢卍垢鬚招きし 特別講演をお願いするとご本人は快諾。

(これならNHKのキャスターを呼ぶより経済的だ・・と役員会で安堵)
 我々地元では、普段、角上さんと呼んでいるが、角上さんは寺泊をはじめ、首都圏など合計19店舗で、 精力的に商売展開されている。
 小さな港町・寺泊を一躍世間に知らしめ、その存在を 植え付けたのは「魚のアメ横」であった。

 
・東日本大震災被災地 復興募金 寺泊・さかなのアメ横で…
 


寺泊名物・さかなの市場通りには、全国からの来訪者が絶えない
福島県からのお客さんも多数おられ、同県は、広い海岸や港を持ち、寺泊とは共通点が多い。
原発事故の周辺地域に住んでおられた家族が寺泊・夏戸海岸で避難生活されていた当時
寺泊観光協会では、東日本大震災の、被災者募金を兼ねて、
さかなの市場通り、通称「さかなのアメ横」通りで、カニ汁を無料提供しながら義援金を募ったニュースが中央でも伝えられた。期間中の募金全額は、長岡市を通して、被災地に届けられた。

■2012年にキャンペーンを張った、カニ汁無料提供(4月9日〜4月24日)も大好評であった。2013年以降も角上人気は、日本海の、優れたビジネスモデルとして継続して行くことであろう。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック