◆東京寺泊会だより ◆編集責任者・・・・橋本寛二

経営に使うISO戦略が日本のふるさと会創生に有効的であることが認識され出し、リテラシーある企業退職者が動く。余裕あるボランティア族の先陣を寺泊会にいる輩が実証。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 令和時代最初の祭りを覗きませんか | main | 東京分水会入門編 >>

寺泊会創立62周年記念稿

 

寺泊会創立62周年記念大会記念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 記念講演:平成29年4月23日日(日)
.、。
11時〜芝パークホテル/別館2階ローズの間 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー----ーーーーーー
ゲスト講演者 小越忠教・米子先生ご夫妻
.
郷里の寺泊・夏戸在住で卓越した編年史・和説研究成果を郷里のボランティアガイドとして情力的に活躍されている小越夫妻による特別記念講演は、プロジェクターを使用し、いにしえの史実に基づいて解りやすい解説と音源を併用し、あっという間の記念講演であった。
弥彦の山がこれほどの話題になったのは初めてのことである。忠教先生の語り口は説得力に溢れこれぞ名ボランティアガイドの解説と感心するばかり。教職時代は理系の先生で、回路だの素子だのと堅い授業を受け持っておられた筈だが、奉職後も脳内に新たな歴史探訪回路が程良く目覚めたに違いない。
さて忠教先生から時良くリレーで奥様の米子先生に話をつなぎ、これまた懇切丁寧に写真を披露しながら寺泊町風景の変遷を講演。小学校の教諭経験が長かったせいか、その優しい目と、お声で語りかける姿に解説用の写真が変わるたびに、聴講者たちが得心し首を上下にふり、うなずいていた。
御夫妻の持ち時間は、あっという間に過ぎてしまった。
凡そ70代以上の参会者たちは全員が、忘れていた事を思い出されたように満足の連続となって満点である。寺泊会役員もリスク覚悟で企画した夫妻リレー式講演は完璧に成功したものとなった。
そう遠くない令和初期にも、是非アンコール講演を企画したい。
当日講演されたタイトル
       ▼
忠教先生「野積に上陸した弥彦の神様 」
米子先生「1枚の写真で見る寺泊の近今昔」

夫妻式講演は新潟県の郷人会では初企画となり、
来賓としてご招待した各会の会長さん達もしきりに羨ましがっていた
 
郷里からの協賛品
寺泊の角上さんからは、寺泊会がお願いした予算の3倍くらいの協賛品を賜り
 大会参加記念として全員にお持ち帰り頂くことができた。
 角上特選の海鮮ギフトに深い感謝の意を申しあげるしかない。         
         ・・・・・・
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://teradomarikai.jugem.jp/trackback/127
この記事に対するトラックバック