◆東京寺泊会だより ◆編集責任者・・・・橋本寛二

スマホ対象の枠組みで制作していないがPCだけでのアクセス表示75万超、「角上」・「寺泊出身」OR「脳の学校」の検索が殺到する好現象。確かにテレビ出演の影響は大きい。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日もでこかで国際マラソン大会 ISO2015年版的見地 | main | 寺泊町閉町式典 歴代町長と故・高橋誠町長時代 >>

寺泊人脳科学者加藤俊徳博士の世界

  ●ニッポン放送・高嶋ひでたけ

寺泊出身の先生がニッポン放送に出演。

毎朝放送している「ラジオ人間ドック」に
加藤俊徳氏、生出演早朝6時15分・・
「ラジオ人間ドック」のドクターとして。



■他番組の5月以降出演情報は随時更新致します。


「あなたは、右脳使ってますか」偏。
寺泊出身の加藤俊徳博士が4月14日(木)第61回東京寺泊会で講演されました。

脳の劣化を防ぎ、脳に新しい血流を注いで頂きました。

会場:芝パークホテル
期日:2014/4/14(木
受付:11;45〜
第61回東京寺泊会
  ふるさと交流懇親大会
ご来場記念(全員)

寺泊港 角上鮮魚店特選
 ■海鮮ギフト詰合せ
加藤俊徳医学博士

脳科学の世界は覗けば覗くほど面白い。この世界を知ると、毎日行き交い、すれ違うヒトを見る目が違ってくる筈だ。最近ビジネス本のコーナーには、「脳を活性化して営業収益を伸ばす法」とか「経営者が取り入れる社員の脳分析」・・等,等が目につく。
一般本コーナーでも「認知症にならない脳活動」、「あなたの脳年齢はいくつ」「長生きするひとの脳」などの本が並んでいる。
脳は誰もが関心があり人類すべてが当事者である。即ちニーズと期待に満ちている。



◆寺泊町の東方には、霊峰弥彦の山が鎮座する。
大河津と統合前の寺泊中学校校歌には「東に弥彦、西に佐渡」とある。
その中学校正面は、広い階段になっている。チョーテツこと長岡鉄道の「寺泊新道駅」があったが、これを知る人も少なくなった。
広い階段は、この駅の正面にあった。スクールバスが開通しても、この階段を上って校舎に入る。階段脇には哲学者アリストテレスにも似た、たくましい姿の少年像が40年間も立っている。


◆寺泊中学校に、ただ一人脳みそに興味を抱いていたお坊ちゃんがいた。
階段脇の少年像こそ、のちの脳科学者加藤俊徳博士である、
小学校時代からわんぱくで力持ち、健康優良児だったそうで昭和時代のモデルに選ばれたのだろう。
4月14日の寺泊会には、越後長岡市の森市長もご来臨される筈なので、長岡市の文化財にどうかと推奨してみよう。


◆さて弥彦山麓の平野一体を野積(のづみ)と呼ぶ。塩たき節伝説にある「天香具山命」が越後へ最初に逗留した際に、高度生産技術を教授してくれた地でもある。生産性の高い技術,即ち収益性のある作業を伝授した。これには基礎体力が要求されるが、野積の衆は、後世に相撲取りや立派なアスリートを輩出するほど、昔から筋力に優れており力持ちが多く、オナゴ衆も負けてはいなかった。生まれながらの素晴らしい人種の集団であったから命(ミカド)の教えはすぐに呑み込み実行出来た。その証拠には、この地には歴代のの名杜氏が何人もいるし、安定した稼ぎの有る製塩手法を取り入れたのも野積人である。日常の必須品を生産することこそ、収入の安定性に繋がるのである。 古代から平成の現世までの歴史を振り返りながら、加藤博士の持論は脳科学を側面に捉えながら、寺泊・野積に生まれ育まれたこと、幼少時代に、80過ぎても漁船を操る強靭な体格の漁師だった祖父のそばに常時いたことが、以降の全人生の活力の源になった、と確信しておられる。何しろ自分が4歳の頃から、体を漁船のヘリに縛り付けて漁を楽しませてくれた思い出を今でも鮮明に覚えているほどだ。最高のフィールドで、特上の経験が、研究心を煽ったようである。


結論。これ以降の理論、なぜ野積の風土ヒトのパワーを日本人が必要とするか・・・について1年半の歳月をかけて上梓する「日本人が最強の脳を持っている」(幻冬舎版)を脳科学者の立場で説いた単行本並びに電子版が、まもなく全国の書店で紹介される予定だ。再び加藤俊徳博士著によるベストセラー本の登場である。

これまでに刊行された主な著書「脳の強化書」(あさ出版)「脳コンディショニング」(かんき出版)「完全脳の創りかた」(李白社)・・など多数が書店に並んでいるが、2016年3月16日発売の日本人のどこが最強の脳かを知ることで、これまで想像できなかった加藤博士の世界を覗く事が出来る筈だ。良寛、山本五十六、田中角栄などには、すべて共通項目があるというが興味ある説である。幻冬舎発行 3月度最新刊 加藤俊徳著「日本人が最強のをもっている」で詳述している。

◆平成に入って、日本は世界有数の高齢化社会に直面し、これから老いた人種に突入するであろう多数が危惧する、脳機能解明に身を置く脳科学者、加藤俊徳博士が野積生まれ野積育ちの寺泊出身となると、先人のDNAは平成の今に生きていると断言せざるを得ない。ご本人は砲丸投げで県大会優勝、野積在住の寺泊中学校の生徒たちは、野積〜寺泊間を通常はスクールバスで通学する。加藤少年はこれに乗ることなく、一人走って通学するほど筋力が卓越していた。
中学校のグランドで陸上の練習中に、脳の機能に興味を持って以来一貫して脳の研究に携わる運命に出会った。体力を支配するのは脳の働きに大きく関係あるのではないかと疑問に思ったのがきっかけとなり、その少年がいつの間にか、海外の学会で発表したり、万人が興味を示す、脳関係の斬新な話題を提供し、メディアで盛んに登場する科学者になっていた。



◆加藤俊徳、小児科医で医学博士。昭和大学大学院卒業後はミネソタ大学(米)放射線科で研究・臨床を重ね帰国後は、慶応義塾大学、東京大学などで研究に従事、脳科学に新分野を取り入れ、自ら「脳の学校」を設立、科学者として実業界にもその成果を生かしておられる。恩恵を受けた実業界のトップは必ず、その素晴らしさを自分の組織に活用しビジネスモデルに採用している。
企業経営は、組織に携わる経営資源の資質向上を目指すことに他ならないが判っていても実現は容易でない。稚拙な経営者は社員の理解力・力量能力のなさを根源から分析することなく諦めてしまう。実にもったいない話である。
いくら教育に経営資源を投入しても、ダメ人間の改善には、役に立つ方法を見いだせないでいる現状が多い。

◆ここで登場するのが脳力解析である。言葉で表せば単純であるが、脳みそ120個所に番地をつけて分解し、脳のどの部分が本来の仕事をしているか、いないかを分析。脳細胞は使わないと死滅するが、僅かにある残脳を生かせば、100歳でも劣化するどころか再生することを、博士の臨床研究で今実証されたのである。
俗に言う「アタマは一生働かせなさい」である。幸いにも現代は微・巨視的レベルの研究に有効な、フィールドの充実と進展は著しく、ナノ単位の細胞でも鮮明に画像で見れ、脳画像のコンピュータイラスト技術も遥かに進んで来た。

◆支援サイト貢献の恩恵を受け、お茶の間のテレビ番組でも、理研BSI(理化学研究所・脳科学総合研究センター)の博士レベルしか判らなかった画像に溢れており、人体皮下の部分は、動画と画像王国となっている。科学者たちにとっても学会誌の発表だけに名声を焦らなければ、じっくりと研究に専念できる。加藤俊徳少年の時代は、医学部があっても、脳科学研究を専門に扱っている学科はまだ無かった筈で、早々とよくぞここに迄辿りましたねと外部ながらも言いたくなる。
脳血流中のヘモグロビンの流速状態が、波長の長い赤外放射の利用で、血管に非接触で測定している研究内容がTV番組で紹介されたが、素人万人でも理解できるのは3D動画のお蔭である。脳科学の世界にますます興味を抱いてくる。TV番組はこれに心理学側面を重ね、喜怒哀楽の源はここにあるのだと解説してくれるから馴染みになり判りやすい。理研BSIでは若者にも脳科学に興味を向けようと毎年多くの高校・行政からの訪問見学を受け入れている。寺泊会の会員からも「俺もあと60年位若かったらなあ」と、ため息が聞こえてきそうだ。
その時はこう慰めよう「その年で脳に興味を持っているあんたがえらい」。

◆「おめさんの脳で、使ってないミソが見つかったら、どうしなさるか」は、寺泊会の宴席で、冗談ながらよく飛びかわす言葉であるが、それ以前に「オレは自分のミソを使っているがどうかさえも判らんすけ」、で話は終わってしまう。


医学部教材に使用されるGEL製脳

そこで役員会での席上、脳ミソのことならこの前ラジオに出ていた、野積・荒谷の、キュウゾウさんちのあんちゃんを呼んで、もっと詳しく語ってもらったらどうかとのことになり、白金に有る脳の学校でインタビューとなった。今や著書、DVD多数がベストセラーになるほどの有名人となった加藤俊徳博士が、コバゲンさん以来、創立61周年を誇る2016年4月14日開催の、第61回東京寺泊会の講演を快諾してくれた。

 

それどころか想像以上の熱烈寺泊ファンで、郷里のためなら何でもやりましょう、と他の会での講演会や客員教授として教えている、母校昭和大学での授業でも必ず寺泊・野積の良さをアピールしています、とデータファイルを見せてくれた。昨年の寺泊会交流大会のゲストさん 角上・柳下社長同様、期待超大である。
認知症が気になる年齢層の多い寺泊会の会員さんの役にたつこと間違いなしであろう。                                             取材協力 脳の学校広報部







 

- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2016/04/11 3:05 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://teradomarikai.jugem.jp/trackback/116
この記事に対するトラックバック